のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  

嶽 稲荷神社ーつがるみち387




 岩木山には、「嶽」「百沢」「弥生」「赤倉」「長平」という5つの登山道があり、それぞれ特長のあるコースになっていますが、嶽コースについては、
【300年の歴史を持つ岳温泉からのこの道は、標高から最短の距離であり、急斜面もなく快適なブナ帯を2時間でスカイラインターミナルへ。鳳鳴小屋

昭和39年(1964年)1月、秋田県大館鳳鳴(おおだてほうめい)高校の山岳部員が遭難する事故が起きた。この小屋は、遭難事故の翌年に避難小屋として建てられた。
で百沢道と合流し、山頂へと至る。※岩木山観光協会HPより】と紹介されています。




 嶽温泉は、この登山道の起点にあたる分けですが、道の入口付近に稲荷神社が鎮座しています。
 その由緒については、
【御祭神:倉稲魂命 少彦名神  延宝二年の頃、 岩木村百沢の野呂長五郎という人、 薪材取りに入山の際、 稲荷大神の霊感によりて温泉 (現在の通称嶽温泉なり) を発見し、 その霊験に感謝して倉稲魂神、 少彦名神の二神を奉祀して稲荷神社と奉称したのが当社の起源である。 明治初年神社改正の頃までは村民の尊崇厚く祭祀も行いなりしが、 明治六年に至り氏子数少数にして維持経営等困難のため廃社となり旧県社高照神社に合祀し同社の氏子として尊崇し来れりが、 昭和二十四年十月十日部落民の敬神の念止み難く氏神復活の熱意に燃えて高照神社より分離、 ここに宗教法人令により宗教法人として登記し即日神社本庁に所属の神社として現在に至る。 ※青森県神社庁HP】とあります。
 倉稲魂命とともに、病気平癒の神である少彦名神を御祭神としているあたりは、いかにも温泉地の神社という感じがします。

 ホテルの駐車場のそばに一の鳥居が立っていますが、両脇には「岩木山嶽登山道入口」と書かれた木柱や「入山心得」が立っています。この神社の参道が即ち、登山道の入口になっている分けです。
 参道を少し歩いて行くと間もなく二の鳥居があり、大きな2本の木の間から赤い社殿が見えてきます。木の根元には庚申塔が一基立っていました。

 二の鳥居をくぐると道は二つに分かれますが、まっすぐの石段を上がると社殿、左の方の道を進むと登山道になります。分かれ道付近には、大きな木が立っており、いくつかの大石が置かれていました。
 社殿の前にも鳥居が立っていて、その後ろには稲荷神のお使いのきつねが二体置かれていました。登山客は、この神社を参拝した後に、頂上を目指します。

◇嶽 稲荷神社
 








 由緒については前述しましたが、一の鳥居の後ろに、この神社の紹介が書かれています。それには、
【寛文年間(一六六一~)の頃、百沢村の野呂長五郎なる人が「シトギ森」(岩木山の紫柄沢の出口)に薪取りに行き伐木中、どこからか一匹の野狐が現れ、長五郎の昼飯を盗み逃げて行くのを、取り返さんと追いかけて行ったところ、狐はその飯を雪穴に落としたまま逃げ去った。長五郎がそこに至ってみるとあつい湯が湧き出て地面の雪が消えている所であり、初めて温泉となっていることを発見した。以上が岳温泉の発見譚であり、当社は発見当時の野狐を祀ったとされている。】とあります。
 また、岩木山の三つの峰は、厳鬼山が観世音菩薩、岩木山が阿弥陀如来、鳥海山が薬師如来として信仰されていますが、
【当社の祭神は倉稲魂命、また病気平癒の神少名彦命であるが、鳥海山が薬師如来とされていることから、明治初年まで薬師如来も相殿とされていた。そのため、「薬師の宮」とも言われていたとある。】とも記されています。

 文中に「シトギ森(※しとげ森とも)」という森(山)が出てきますが、嶽温泉と道路を挟んだ向かい側に岩木青少年スポーツセンターがあり、その敷地の中に「仕遂森」という山があります。学校の宿泊学習でフィールドワークなどが行われている山です。
 この小山は、由緒に出てくる野呂長五郎が薪取りをしていた山とは違うようですが、「仕遂森」という名前は、「昔、坂上 田村麻呂が、ここで、岩木山麓の鬼(蝦夷)を滅ぼした」ことに由来するとされています。即ち、「鬼征伐を成し遂げた」「鬼を仕留め(げ)た」から「しとげ森」という分けです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆ 
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR