のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 青森市   Tags: つがるみち  

清水天満宮ーつがるみち390




 国道280号線は、海上区間(津軽海峡)をはさんで函館へと至る道路ですが、藩政時代に北海道の松前藩主が参勤交代で通ったことから通称「松前街道」と呼ばれています。
 青森県側の松前街道は、青森市から龍飛崎に至る約120kmのルートです。街道沿いには歴史資源や伝統芸能が今も随所に残されていますが、多くの神社も点在しています。現在は、バイパスも開通していますが、青森市から蓬田村に向かって走ってみました。




 蓬田村へ向かう途中に「内真部(うちまんぺ)」という集落があります。
 周辺には平安時代後期の遺跡や「内真部館」という山城の跡がありますが、青森県HP「あおもりの今・昔」には、次のように記されています。
【・・内真部川が山中に入る北側の山麓に、館と山城の遺跡がある。実は、この地こそ鎌倉時代末期の文保二年(1318年)ころに始まった有名な津軽大乱(安藤氏の乱)の中心舞台となった土地であった。
 乱の顛末を記した「諏訪大明神絵詞」には以下のような記述がある。
「その蝦夷管領・安藤太の子孫に五郎三郎季久、又、太郎季長というは従父兄弟なり。(中略)彼らが留守の士卒、数千の夷賊を催し集め、外浜内末部、西浜折曽関(現在の深浦町)の城郭を構えて相争う。二つの城険阻によりて、洪河(現在の岩木川か?)を隔て、雌雄互いに決しがたし。」・・この「外浜内末部の城郭」が内真部の館・山城の遺跡にあたるらしい。】
 中世の激しい戦いが行われた内真部は、外ヶ浜地域の一大中心地であったようです。

 内真部を少し過ぎたあたりに、こんもりとした森が見えたので立ち寄ってみたら、そこは神社でした。後で確かめたのですが、この神社は清水天満宮です。




 この神社の由緒については、詳しくは分かりませんが、御祭神は菅原道真で、
「草創建立年代は不詳。安政二年(1855)の『神社微細社司由緒調書上帳』には、寛文十三年(1673)村中で再建したと書かれている。その後、明治六年三月に神社法改正により一時、後潟神社に合祭されたが、同八年に復社。」ということのようです。
 あまり広くない境内ですが、鳥居をくぐると、参道には手水舎や御神燈、狛犬などが置かれていました。
 かつてこの神社には、「春日宮」と「祇園宮」、そして「惣染堂」という三つの末社があったとされていますが、文政年間~安政年間にかけて廃社になったとのことです。


 現在は、拝殿の横に三つの末社が並んで立っていますが、左は権現社で、真ん中は不明、一番新しい右側の建物は神馬厩舎でした。

◇清水天満宮
 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR