のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 蓬田村   Tags: つがるみち  

蓬田八幡宮ーつがるみち394




 国道280号線バイパス沿いに蓬田村の道の駅がありますが、そこから外ヶ浜町方面へ少し走って行くと、左手にこんもりとした広い森が見えます。
 道路沿いに、「史跡 蓬田城址」と書かれた木柱(標識)が立っていますが、蓬田城は、嘉禎4年(1238)頃に築城され、その後、城主の交代などもありましたが、天正13年(1585)に、津軽為信によって攻め滅ぼされ、廃城となるまで、この地にあった平城です。




 現在、この城跡は、蓬田八幡宮の境内になっています。その入口に城の略図(案内板)が立っていますが、広大な敷地に、土塁の跡や鐘楼堂跡、弁天堂跡などが描かれています。
 城郭は「小館」と「大館」とに分けられ、初め小館が築かれましたが、南北朝時代から室町時代にかけて、大館が築城されたことにより、中心がそちらに移ったとされています。
 - 【大館は、蓬田川の北、10万㎡の広大な面積を有している。東西600m南北300m。水田に囲まれ、周囲より一段高い、杉木立に覆われた場所である。八幡宮・弁天堂が残っている。北と南東に堀が残り、北側の堀は長さ約300m・幅15~20m・深さ3m、南東側の堀は長さ50m・幅2m・深さ50cmほどである。※wikipediaより】 -
 また、辺り一帯は縄文時代からの遺跡にもなっており、擦文土器、縄文土器、土師器、陶磁器が発見されるなど、太古から文化が開けていた所としても知られています。

 八幡宮の由緒については、
【御祭神:誉田別命  蓬田村八幡宮の創立は不詳。当大館城の館神に祭られたともいわれているが判然としない。その後、元文七年に脇宮太夫が再建してからは蓬田村の氏神として祭られていた。
 同神社の末社に弁天宮と稲荷宮があった。(弁天宮は)相馬小次郎弟平次郎が、祖先が九州にいたとき、崇敬した氏神・宗像大明神を祭った社で、この地へ下っても尚信仰を続けていたものである。宗像神社の祭神である厳杵嶋姫命を弁財天といっているので、相馬平次郎のいう宗像大明神は弁天社のことであろう。相馬氏が蓬田に居城したのは文明年間といわれているので八幡宮より弁天社の方が古いのである。※蓬田村HP「村のあらまし」より抜粋・要約】とあります。

 一の鳥居から、二の鳥居、三の鳥居と参道が続いていますが、途中には、蓬田城の沿革を記した記念碑などが立っています。狛犬は、大小あわせて四体置かれていますが、なかなか個性的な顔立ちをしています。私が訪れたときは、とても天気が良く、境内の緑と朱色の社殿がとても鮮やかに見えました。

 拝殿の横には、庚申塔と二十三夜塔、そして猿田彦の碑が立っていましたが、その後方の道路沿いに小さな赤い鳥居が見えます。
 この鳥居は由緒にも書かれている弁天堂(宮)のもので、ここから参道が続いています。深い森の中を数分歩いて行くと、森の中に弁天宮の赤いお堂が見えました。

◇八幡宮境内、弁天宮ほか









 冒頭でもふれましたが、蓬田城は、嘉禎4年(暦仁元年)に安東盛季の弟・潮潟四郎通貞が築城したと伝えられています。
 その後、南部氏が台頭し、安東氏はこの地から駆逐され、南部氏の所領となってからは、奥瀬健助が居城し、奥瀬氏は数代に渡って一帯を治めていました。
 しかしながら、文明年間(1469~1487)になると、奥瀬氏は退去し、代わって相馬則政が入城し、「蓬田越前」と名乗り、この地を支配するようになります。城址入口の説明板には、「(相馬氏は)凡そ百有余年、外ヶ浜一帯を支配し、十三湊を良港に日本海貿易をはじめ、朝鮮・中国と国交し、文化と産業経済繁栄の礎を築いた」と書かれていました。
 城内に弁天宮を勧請したこの相馬氏は、平家が屋島の戦いで敗れた後、九州から逃れ、安東氏の配下となった氏族とされていますが、相馬則政は平将門より八代目の子孫といわれています。

 やがて、戦国時代になり、為信軍の攻撃を受け、相馬氏は南部へと逃れ、蓬田城は廃城となった分けですが、こうしてみると、この八幡宮一帯は、安東氏、南部氏、津軽氏による絶え間ない抗争の地であったようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                   ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR