のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  

大和沢稲荷神社ーつがるみち395




 アップルロードを旧相馬村に向かう途中、いくつかの集落を通ります。
 小栗山神社を過ぎ、アップダウンの坂道を走り抜けたところに大狼神社があり、家並が見えてきますが、ここが大和沢(おおわさわ)の集落です。
 大和沢には、かつて「大和沢館」と呼ばれる堀をともなった中世の平城があったとされていますが、その築城時期や館主などは不明で、館跡は現在、畑地になっているようです。




 その大和沢の沢田という所に稲荷神社があります。
 道路沿いに社号標が立っていますが、そこから坂道を少し進んだ所に一の鳥居があります。鳥居は二の鳥居、三の鳥居と続きますが、社殿は三の鳥居を右側に折れた所に立っています。
 境内は、わりとガランとした感じですが、後方には、岩木山を望む広大な景色が広がっていました。
 木々が少ないこともあり、拝殿横のイチョウの木がとても印象的です。注連縄は張られていませんでしたが、この神社の御神木といってもいいでしょう。その枝と葉っぱが、まるで傘のように拝殿に覆いかぶさっています。根元には、社の由緒書き板がありました。

 稲荷神社ということで、ここでは狛犬ではなく、稲荷神のお使いの狛狐。合わせて四体置かれていました。

◇御神木、きつね像



 この稲荷神社の由緒については、
【御祭神:倉稲魂命  創立年月日不詳。 明治六年四月中津軽郡小栗山村旧郷社小栗山神社に合祭されるが明治八年二月復社して、 更に同郡一野渡村八幡宮へ合祭する。 然るに、 明治十年六月再び現地に復社、 同十二年六月村社に列せられる。 昭和二十二年宗教法人令に基き宗教法人となる。 ※青森県神社庁HP】と紹介されています。

◇稲荷神社境内






 大和沢稲荷神社と大狼神社はすぐ近くなのですが、以前の記事でも取り上げましたが、大狼神社の裏山には、陸羯南の詩碑が立っています。

 名山出名士(名山名士を出す) 
 此語久相伝(この語久しく相伝う) 
 試問巖城下(試みに問う巖城の下) 
 誰人天下賢(誰人か天下の賢)  
~ 名山の見える土地はすばらしい士を出すという。この言葉が世におこなわれて久しいが、しかし試みに問うに岩木山の秀峰を見るこの弘前城下から一体どんな天下の賢が出ただろう。 ~

 若者の士気を鼓舞するような五言絶句ですが、大和沢の小学校の子どもたちは、この詩碑のある高台から「岩木山に向かって、大声で自分たちの将来の夢を叫ぶ」という活動を行っているようです。夢が叶うといいですね。
 ⇒ 地元紙記事
『Web 東奥』記事より 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR