のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 外ヶ浜町   Tags: 津軽三十三寺社巡り  

義経寺 2 -津軽三十三寺社巡り19-2




 義経寺の境内は、左右に折れ曲がる石段の参道を登り詰めた高台にありますが、山門をくぐって、左の方に進み、さらに石段を上がった所が本堂です。
 北前船の寄港地、松前との渡航口として賑わった三厩に立つ寺院として、多くの海運業者や漁業関係者から篤く信仰された分けですが、本堂の下には金毘羅大神、海側の鐘楼のとなりには弁天堂など、水神を祀る堂宇も立てられています。



 大きな仁王像が立つ山門をくぐると、その正面に観音堂があります。
 御堂の前には一対の狛犬が置かれていて、堂宇の後ろ側には、本殿が立っているなど、神社の社殿を思わせる造りで、神仏混合の名残を感じさせます。
 また、観音堂を取り囲むように、三十三の観音像が立っていますが、この石の観音様は、西国からやってくる北前船が、お守りや重石としていたものとされています。

 観音堂の入口には、鰐口が下がり、「聖観音」と書かれた扁額が架けられていますが、その壁には源氏の家紋である「笹竜胆」が彫られており、いかにも義経伝説を伝えるお堂という感じです。
 中には、義経の物語に関する多くの絵馬や船絵馬が奉納されています。祭壇の中央には、金色に輝く聖観音菩薩が安置されていました。

◇義経寺観音堂ほか









 さて、前回お伝えしたように、義経寺は、蝦夷地渡海を目指して、平泉から三厩へと逃避行を続けてきた義経が、大嵐を静めるために、厩石に自分の守り本尊である観音像を安置し、祈ったという伝承に由来するお寺ですが、後に、この「義経風祈りの観音様」を発見したのは、円空和尚であったと伝えられています。

【寛文7年(1667)、この地を訪れた円空和尚が厩岩で神々しい光を放つ観音像を見つけると、その晩、円空の霊夢に観音像の化身が立ち、上記の由来を切々と語った事から、この観音像こそが義経の守り本尊と悟り、自らも観音像を彫り込み、胎内に義経の守り本尊を納め、草庵を結んだ。】
 また、別説では、
【本尊の観音像は義経の兜の前立てに納めた持仏で、江戸時代初期には越前足立(現在の福井県福井市)住民の甚兵衛が所有していたが、甚兵衛の霊夢に観音像の化身が立ち、「津軽三厩に我を納めよ」との御告げがあった事から、船頭である久末に頼み、三厩の船問屋伊藤家に納め、その後、円空に渡った。】とされています。

 現在、円空作と伝わる木彫観世音菩薩像(像高52cm、一木造り、寛文7年の銘)は「秘仏」として、観音堂に安置されていて、青森県重宝に指定されています。

 義経北行伝説は、ここ三厩の義経寺から津軽海峡を越え、北海道へと続いています。

※【】は、HP「青森 歴史・観光・見所」からの抜粋です。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                             ☆津軽三十三寺社巡り☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR