のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 平川市   Tags: つがるみち  

館田八幡宮ほかーつがるみち399




 平川市の館田(たちた)には、戦国時代に「館田館」という城が築かれていたとされています。
 築城時期は天正2年(1574)頃といわれており、築城主は大光寺城主・滝本重行で、家臣の千葉与四郎という武将が守将として配置されていました。
 当時は、津軽統一を目指す大浦(津軽)為信と南部氏との間で熾烈な戦いが繰り広げられていましたが、南部方の滝本重行は、一帯に、松館・館山館・樋川館などの防御砦を築いたとされており、館田館もそのひとつでした。
 大光寺城は、天正3年(1575)に為信軍の奇襲を受けて落城しますが、このとき、館田館も打ち破られ、軍勢は館田村になだれ込んだとされています。
 館跡は、現在では宅地化され、その遺構などは残っていませんが、ここに八幡宮(館田前田八幡宮)が鎮座しています。
 



 神社の入口付近に地蔵堂が立っていますが、何人かの御婦人方が忙しそうに働いていました。どうやらお地蔵さまの「お清め」をしているようです。
 八幡宮の境内をぐるっとひと巡りして、地蔵堂の方へ向かいましたが、御婦人方はお堂の前で、休憩していました。
 尋ねると、「今日はお地蔵さまの宵宮で、お堂をお清めして、地蔵様の衣替えをしている。」とのこと。
 私:「八幡様の宵宮なのですか。」
 御婦人方:「いいやちがう。地蔵様の宵宮だ。毎年、正月と宵宮には、地蔵様に新しい晴着を着てもらうんだ。」
 私:「地蔵様の写真を撮ってもいいですか。」
 御婦人方:「どうぞ。新しい着物を着たお地蔵さまも喜ぶでしょう。」
 - 実際は津軽弁での会話だったのですが、心温まるやりとりでした。挨拶をして帰るときには、赤飯のおにぎりをいただきました。

 八幡宮の境内は広く、様々な記念碑や手水舎、末社などが立っており、狛犬は拝殿前に一対置かれています。
 その詳しい由緒などについては不明ですが、やはり、館田館の「館神」として建立され、地域の崇敬を集めてきた社だと思われます。







 八幡宮から少し行った所に、私鉄の館田駅がありますが、踏切を渡ると苗生松の集落に出ます。
「苗生松」と書いて「なんばいまつ」と読みますが、地元の方ならともかく、一発で読める人はあまりいないでしょう。 
 この変わった地名の由来についてはよく分かりませんが、ここに神明宮があります。社号標は「天照皇大神宮」となっていて、住宅に挟まれた道路沿いに立っている社です。
 鳥居をくぐって、境内の中に入ると、御神燈や手水岩、鳥居の新築記念碑などが、びっしり立ち並んでいるのが見えます。小さなブランコなどもあり、子どもたちの遊び場にもなっているのでしょう。社殿の隣には、庚申塔が三基立っていました。

 赤い社殿の前には、今にも飛びかかってきそうな狛犬が一対と、昇り龍と降り龍の石像が置かれています。小さな神社ですが、印象に残る社です。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR