のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 平川市   Tags: つがるみち  

小杉月読神社 ー つがるみち400




 平川市小杉は、戦国時代に「樋川館(ひかわだて)」という城が築かれていた所です。
 樋川館は、前回お伝えした館田館とともに、南部方の滝本重行が築いた砦であり、天正3年(1575)、津軽為信が大光寺城を攻めた際に、まず、ここの砦を攻め落とし、軍を進めて行ったとされています。
 館田館と同様、現在はその遺構は残ってはいませんが、この地に鎮座している月読神社一帯が、城跡だったと思われます。




 道路沿いに「月讀神社」と書かれた大きな社号標と、真っ赤な一の鳥居が立っていますが、鳥居をくぐった右側には、聖観世音菩薩碑、二十三夜塚、庚申塔が並んで立っています。
 説明板があり、聖観世音菩薩については、
「衆生の諸難を祓い、願いをかなえ、教化救済をする菩薩」と書かれていました。

 説明板に書かれているように、この神社は、昔から聖観世音菩薩を祀ってきたようで、その由緒については、
【御祭神:月読命  当社には昔から正観音をお祀りしている。 この正観音の由来について、 自ら勧請した旧黒石藩の従臣寺田四郎左エ門盛民の残した次の記録がある。 『当月山宮の社堂は天正年中 (一五七三~一五九二)当所の給主相馬良盛が拓り開くところのいわゆる父喜多左エ門良貞は当国の内の黒石領中野不動館の上田城に居住し嫡子良盛は当所の野原地知行二百石の所領を扶持即ち開拓し、村の鎮守宮として月山宮をここに移し奉ったと雖も、良貞七代の後孫寺田庄藤原氏四郎左エ門盛民が奉持し来たりし誠に奇瑞なる正観音を恩義のため当社に勧請奉るもの也』
 これに依れば、 二代相馬良盛がこの地を開拓し、 村の鎮守として月山宮を創立、 その後、 七代目の孫寺田盛民が正観音を併せ祀ったものと思われる。 ※青森県神社庁HP】とあります。難解ですが、主神の月読命とともに、聖観音が祀られるに至った様子が、何となく分かります。







 説明板には二十三夜塚(塔)について、「陰暦二十三日の夜、この夜月待をすれば願い事がかなったと云う信仰があった」と書かれていますが、拝殿の前にも「二十三夜」の説明板があり、それには、「二十三夜様は、庚申様の弟でありという。勢至菩薩をあて、月夜見命をあてている。人々は、豊作を祈願した。」とありました。

 月待信仰は、
【十五夜、十六夜、十九夜、二十二夜、二十三夜などの特定の月齢の夜、「講中」と称する仲間が集まり、飲食を共にしたあと、経などを唱えて月を拝み、悪霊を追い払うという宗教行事。※wikipediaより】ですが、例えば、十五夜の場合は「阿弥陀如来・大日如来・聖観音」というように、月齢によって祈願する主尊が割り当てられており、二十三夜の場合は「勢至菩薩」と「月夜見命」になっています。
 月読命を御祭神とするこの神社の氏子の人々にとって、二十三夜講は、かけがえのない大切な行事だったのでしょう。

 境内には、月の使者であり、月読命の神使でもある「兎」の像が、参道に一対、そして本殿にも一対置かれていました。
 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                   ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR