のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  巨石と神石  

紙漉沢大石明神ーつがるみち406




 津軽の霊峰・岩木山は、各地域によってその姿形は少し違って見えますが、弘前側から見える姿は、中央の岩木山、左右の鳥海山と巌鬼山という三つの峰がちょうど漢字の「山」のように見え、「お山」と呼ぶにふさわしい感じがします。
「祖霊の住む山」として古くから崇められてきた岩木山ですが、現在のように登山ルートも整備されていなかった時代の参拝は大変難儀でした。また、かつては「女人禁制の山」だったということもあり、人々は地域の小高い山を遥拝所に見立てて「模擬岩木山」として崇めたり、神社の境内に大石を置いて
つがる市赤倉山神社
信仰の場を造ったりしてきました。




 郷土史家の小館衷三さんは、こうした「模擬岩木山」に関する信仰についても言及されていますが、その著書の中に、次のような記述があります。
【相馬村紙漉沢の奥にある大石明神もピラミッド型ー岩木山型の高さ三メートル近い大石で、その場所は岩木山の眺めもよく、昔は神楽なども行われた信仰の場であったという。※小館衷三『岩木山信仰史』より

 弘前市の紙漉沢(かみすきさわ ※旧相馬村)には、長慶天皇の御陵墓参考地があり、古くから天皇に関する様々な潜幸伝説が残っている所ですが、「紙漉沢」という地名も、天皇の潜幸の際に、紙漉きの技術が持ち込まれたことに因んで名づけられたといわれています。

 この大石明神、現在の住所は弘前市高野山越となっていて分かりにくかったのですが、紙漉沢周辺の山道を行ったりきたりしながら、やっとたどり着きました。

 四方をりんご畑に囲まれた小高い山の上に神社はあります。背後には頭に雲をかぶった岩木山が見えました。今は林の陰に隠れて少ししか見えませんが、かつては山全体がくっきり見えたのだと思います。小館衷三さんの文章に書かれているように、昔は村人の祈りの場として神聖視されていたのでしょう。

 赤い鳥居には「大石明神」と書かれた扁額が掲げられており、その奥に小さな祠がありますが、その後ろが御神体の大石です。その姿形は「正に岩木山」で、三つの峰をそのまま縮小したような感じがします。

 青森市入内の石神様には
入内の石神様
、「石を破壊しようと石工が派遣されたが、石工が石に触れると手がしびれ、氷雨が降るという奇異な現象が起きた。これに驚いた石工は怖くなって逃げ出し、ついに石神様を壊すことができなかった。」という話が伝えられているように、こうした巨石には神霊が宿るとされ、破壊しようとすると災いが起こるという伝承があります。
 ここの大石明神にも同様の話が残されており、「石工が大石を砕こうとして大けがをし、神威を恐れて祠を建立した。」といわれています。確かに、石の表面にはいくつかの楔の跡が残っていました。

◇大石明神






 先にも書いたように、この大石明神はりんご畑に囲まれた小山の上にある分けですが、小山を下って行くと、小さな池があり、そこに祠が立っていると聞いていたので山を下ってみました。
 最近は、あちこちでクマが出現していて、実際、ここへ来る途中の道路にも「熊に注意」という標識もあったので少し怖かったのですが、おそるおそる下りてみました。
 降りてみると、そこには小さな農道が通っていて、その傍らに小さな池があり、赤い鳥居が立っています。扁額には「九頭竜大権現」と書かれていました。
 鳥居をくぐって小さな神橋を渡った奥に祠があり、その中には御神体の「九頭竜大神」が祀られていました。「九頭竜」という名前のせいか、祠の後ろの大きな倒木が、何となく龍の背中に見えてくるから不思議なものです。

◇九頭竜大権現



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                   ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR