のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 平川市   Tags: つがるみち  

館山神明宮ーつがるみち409




 平川市の松館・館山地区は、弘前市と隣接しており、バイパス沿いにはたくさんの住宅が並び立ち、ベッドタウンを形成しています。
 また、立地環境と交通アクセスにも恵まれているため、各社の工場などが建てられ、一帯は「松崎工業団地」と呼ばれています。
 しかしながら、バイパスから少し離れた所は水田やリンゴ畑が広がるのどかな景色で、その中に神明宮が鎮座しています。




「松館」「館山」という地名からも分かるように、かつてこの地には城(館)が築かれていたようです。
 築城年代や築城主など、その詳細については定かではありません。この神明宮一帯がその中心であったようですが、現在は、その遺構などは残っていません。
 神社の由緒については、

【御祭神:天照皇大神   古来観音堂として四民深く信仰し、 元禄三年 (一六九〇) 建立、 当村の産土神として崇敬された。 天文年中 (一五三二~一五五五) は、 守山神明宮として勧請され、 爾来館山、 松崎、 松館右三ケ村の産土神として重く奉齋され、 明治初年御一新に付き、 明治三年の神仏混淆仕分けの際、 社号を神明宮と改め、 明治四年三月十七日、 神明宮の社号を受け、 明治八年五月五日、 陸奥国第二大区八小区館山の神社として、 天照皇大神を奉齋し、 村社に列せられる。 館山、 松崎、 松館三ケ村の産土神として崇敬され、 大正年間に松館村が氏子区域を離れ、 館山、 松崎二ケ村の氏神として今日に至る。※青森県神社庁HP】と記されています。

 酒樽を掲げ、豪華な注連縄が張られている一の鳥居、二の鳥居と参道を進んで行くと、一段高い場所に石段が設けられ、昇り龍と降り龍が彫られた門柱がありますが、その奥に三の鳥居があります。

 社殿は、そこから真っすぐではなく、右側に回り込んだ所に立っていますが、これは方角を考えて、「東向き」に建てたものだと思われます。
 境内には、御神燈や狛犬、改築記念碑、末社などが並んで立っていますが、拝殿の壁面には、十二支を描いた奉納絵馬が掲げられていて、地域の産土社として崇敬されている様子が分かります。

◇館山神明宮










 境内は、中世の城跡だったようですが、一の鳥居の横に立っている由緒書きには、「松舘址」として、次のように紹介されています。
【御由緒略記  舘山神明宮所在地を守山と明記してあり、大浦為信の旗揚げ当時には既に守山神明宮を本陣として、天正三年大浦勢正月元日第二次大光寺城を攻め、落城の際に大浦為信が本陣を構えて指揮したという史実から推して見ても古社であり、舘山松舘松崎三村の御産土神様として崇敬されています。松舘址 ※由緒書きより

 これらを見ると、古来、観音堂として信仰を集めていた社は、戦国時代には「守山神明宮」と呼ばれ、大浦為信の津軽統一の戦いの際は、その拠点のひとつになっていたことが分かります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR