のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 青森市   Tags: つがるみち  

王余魚沢稲荷神社ーつがるみち411




 青森市HP「なみおか 今 昔」には、【・・・浪岡から五本松、王余魚沢を通り青森の堤橋に出る道は、古くから「大豆坂(まめさか)街道」と呼ばれ、大釈迦峠-鶴ヶ坂の道筋とともに重視されてきました。】と書かれています。
 文中に出てくる王余魚沢(かれいざわ)は、浪岡町内から青森空港へと至る途中にある集落です。




 ここには、かつて、「王余魚沢館」という城(館)が築かれていましたが、浪岡北畠氏の家臣であった軽井源左衛門尉という武将が築城主といわれています。現在は遺構もなく、詳細は分かりませんが、稲荷神社の境内が、その居館の跡とされています。
 前述のように、王余魚沢一帯は、青森へと至る要路でした。津軽藩は、夏の強い日差しをやわらげ、冬の風雪を防ぎ、往来を楽にするため、松を植えるなど、街道整備に努めましたが、享和元年(1801)頃には、ここ稲荷神社の辺りにも並木松が植えられたとのことです。

 現在は、その並木松はほとんど残ってはいませんが、一の鳥居から続く参道の両脇には、背の高い杉木立が林立しており、かつての街道の様子を偲ぶことができます。

◇稲荷神社参道と境内








 この神社の由緒についてはよく分かりません。神社名からして御祭神は倉稲魂命だと思われますが、かつては武将の館跡だったことから考えると、戦いの神・荼枳尼天が祀られていたのかも知れません。
 細い参道を歩いて行くと、広い境内へと出ます。御神燈や狛犬、鳥居を伴った末社などが並んで立っていました。

 境内には、大石が何個か置かれています。舟のような形のものやお椀型のもの、石碑のようなもの、石塀に囲まれて置かれているものなど、様々ですが、いずれも真ん中がくりぬかれていました。これらは、近くの山などから集められ、ここに置かれたようですが、何か、信仰上の理由があったのでしょうか。不思議です。

◇境内の大石と本殿




 
 ところで、「王余魚沢(かれいざわ)」という、とても珍しい地名ですが、その由来については、はっきりとしたことは分かっていません。
 ひとつには、大豆坂街道を旅する人達が「餉(かれいい:携帯する食糧)」をとる場所、または、馬や荷物を下ろす場所(かるいざわ)から転化したものだという説があります。
 また、「王余魚」という魚の名前は、「昔、中国の王が魚を半分食べたところを水に放すと泳ぎだした」という故事から名づけられたとされていますが、それに倣ったものだという説もあります。即ち、この説は、中世浪岡の支配者であった北畠氏を中国の王になぞらえている分けです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment
女酉長・阿屋須の墓? 
はじめまして。県人ですが、行った事のない神社を
参拝してる気持ちになれるので、毎回興味深く拝見してます。 
と言いつつ、この稲荷神社は参拝したことあるんですが(^_^;)
この巨石は女酉長・阿屋須の墓、または封じてあると聞いた事があります。
たぶん社殿の眼の前にあるブロック塀で囲まれた石だと思います。
http://www.hugyou.jp/meibo/index.cgi?start=100&acto=html&pages=100
幸畑熊野宮に阿屋須のことがあったので、面白いシンクロだと思い
書き込ませていただきました。これからもアップ楽しみにしています。

Trackback
03-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

«   »

最近の記事
カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 早いものでもう3月になりました。雪解けを待ち、また史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
kamome.gif Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR