のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 青森市   Tags: つがるみち  

内真部大山祇神社 - つがるみち426




 遥拝所としての「里宮」と「奥宮」をもつ神社は各地にありますが、青森市内真部(うちまんべ)に鎮座している大山祇神社もそのひとつです。
 この神社は、国道280号線バイパスから旧道へと進み、津軽線の鉄道の踏切を渡った所にありますが、近くには、以前に訪ねた清水天満宮もあります。
 旧道沿いに大きな社号標が立っていて、そこから民家の間を参道が続いていますが、線路を越えると、クロマツの木々が縦横に伸びていて、松林の中に境内がありました。
 これらの松の木は、海風を防ぐ防風林・防砂林として社を守るために植えられたものなのでしょうか。特に、拝殿前の末社の後ろにそびえ立つクロマツは、なかなかの迫力です。




 境内には、狛犬が2体と手水舎、末社などが立ち並んでいますが、本殿の横には、馬頭観音碑や文政5年(1822)の銘をもつ庚申塔などが並んでいて、その後ろには黄色に色づいた田んぼが広がっていました。
 この神社の由緒など、その詳細については分かりませんが、御祭神は大山祇神(おおやまつみのかみ)、その創建は、貞享4年(1687)以前とされており、かつては「不動堂」と呼ばれていた時期もあったようです。

◇大山祇神社(里宮)







 奥宮は、日本三大美林のひとつヒバの学術参考保護林で知られる眺望山(143m)への登山道がある山沿いにあり、五所川原市へと向かう道沿いに鎮座しています。
 道際に「大山祗神社奥宮」と書かれた木柱と由緒碑・由緒板が立っていて、一の鳥居からは、急な石段が上に続いているのが見えます。石段はかなりの傾斜だったので、私は右回りの迂回路を登りました。

 奥宮の由緒については、
【当社は津軽藩政の頃、山守の番所があった所で、山守達がその守護神として当社を建立し、山神を奉祀、信仰したのがその始まりである。この裏方に沢があって番所家戸と称せられているのは、これに因んだものである。廃藩後、明治政府により官、民、有林が設定され当所は内真部部落の見継山として経営されるようになり、おやしろは部落民の山神として信仰されるようになった。由来毎年四月十二日を祭日として、山下内真部町内に於て盛大な祭典が執り行われてきたが、大正の初期見継山は社地として分割払下げを受けて今日に到ったものである。
  因みに日本三大美林の一つであるヒバ林で有名な眺望山はこれより先、130mの所にその入り口があり、畏くも梨本宮高松宮並に秩父宮両殿下の御光来を賜れり、その頂上にはお手植のヒバ紀念樹が美事に育ち、今にその栄光を伝えている。
社前の老木は厳然として山神の鎮座に相ふさわしく神神しさに自ら心身の清まるのを覚えるものがある。※由緒板より】と紹介されています。

「山守」とは文字通り、「所有者に代わって森林の管理、保護をする人」を指しますが、江戸時代、津軽藩は、山林の種類を「本山・田山・見継山・仕立見継山・立山・抱山」と分類して管理していました。
「本山」は、純然たる藩有林ですが、由緒に出てくる「見継山」とは「藩山の伐採跡地に植栽、または天然に生育した林を、山麓の住民(1人または1村若しくは数ケ村)に保護監守を命じ、その報として将来森林経営上の支障とならない限度において自家用材の有償払下げ、その他副産物の無料採取等を許可した山」のことです。

 因みに、津軽藩は米に次ぐ藩の財源としての山林管理をとても重要視し、2代藩主・信政は林政に意を注ぎ、「我に大事と思うものが三つある。第一に家運、第二に土佐守(※3代藩主・信義のこと)、第三に山である。山の用は挙げて数えがたい。後世に至っても、上下共に能く心を山林に用いねばならぬ」と述べたといわれています。

◇大山祗神社奥宮



※HP[太宰ミュージアム」、HP「青森県木材協同組合」等を参照しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR