のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 平川市   Tags: つがるみち  

沖館神明宮 - つがるみち435




 平川市の沖館観音堂は津軽三十三霊場の第29番札所ですが、その創建は延暦10年(791)とされており、坂上田村麻呂が東夷東征の際、御堂を造営し歓喜天像と十一面観音を祀り戦勝祈願したことが始まりと伝えられています。
 戦国時代には大浦(津軽)為信が、ここで南部方との戦の勝利祈願を行い、念願成就したといわれていますが、この観音堂は神明宮の境内の中にあります。




 この神社の由緒は観音堂の歩みと重なっている分けですが、
【御祭神:天照皇大神   社伝に依れば、 「延暦十年 (七九一)、 田村麿将軍東夷征討に当り、 社殿一宇建立の上、 歓喜聖天及び十一面観音を勧請し祈願す」 とある。 神明宮の起源は、 観音堂創建に遡るが、 文亀三年 (一五〇三)、 神仏二道の道を修めた修験者一道坊全賢によって勧請建立された。 天正三年 (一五七五) 九月には、 津軽大守藤原為信公が時の五代目別当堯光に百日の戦勝祈願を命じ、 翌四年、 大光寺城攻略に成功した為信公は、 霊威に感動され、 「如意輪観音画像」 を始め鏡や祭具奉納の記録もあるが、 慶長十三年 (一六〇八)、 野火が原因の火災により、 今日に残るものは、 為信公直筆 「観音画像」 だけである。 慶長十四年仮殿を建て、 享保十四年 (一七二九) に建立された本殿が、 嘉永四年 (一八五一) 改築され、 のちに萱葺きからトタン葺きになり今日に至っている。 又、 本殿内陣には安政六年 (一八五九)、 津軽十二代藩主承昭公奉納の厨子に御神体が祀られている。 ※青森県神社庁HPより】とされています。

 石造りの鳥居をくぐると、奉納された御神燈が立ち並ぶ参道が続いていますが、道の右側に手水舎があり、その後ろには地域の方々によって造られた築山があります。一方、左側は小高い丘になっており、石段を上った所に観音堂があります。
 観音堂の上り口には大きな神馬。拝殿までの途中には狛犬が二対置かれていました。拝殿には石段を上っていきますが、ここにも小さな狛犬が一対置かれています。

◇沖館神明宮






 由緒に書かれてあるように、この神社は修験者・全賢によって建立されましたが、全賢の両親については次のような話が残っています。
【室町時代中期、時の関白・平房三男の政友は、藤原尚之の姫・貴増と恋に落ちた。しかし、姫は政友の兄・政知との婚約がととのい、妻となった。政友と貴増はその後も、ひそかに恋を語り続けた。その悲恋も兄・政知が知ることとなり、二人は老臣の州崎(
すのさき)政市を共に、駆け落ちすることとなった。そして、遠くみちのくの奥の奥、沖館の地に庵を結んだのである。二人は沖館に住み、山野を拓(ひら)き農耕、植林に励んだのだという。さらには十一面観音を信仰し、周辺に散在する庵所を1カ所に集め、修験の地とした。その場所は十九院と呼ばれているそうだ。二人に男子が生まれ、千代丸と名付けられた。この千代丸も父母と同じく修験の道に入り、長じて一道坊全賢と言う。※陸奥新報社『津軽三十三霊場』より抜粋

 この全賢の両親の墓碑が境内に立っているとのことですが、それらしきものはあるものの、はっきりとは分かりませんでした。

◇観音堂、御神木など



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR