のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 青森市   Tags: つがるみち  

金光上人の塚 - つがるみち438




 浪岡城址の下(南側)を浪岡川と正平津川という二つの川が流れていますが、一帯は「北中野」という集落になっています。
 北中野の集落は、浪岡北畠氏との関わりが深い所ですが、長慶天王の潜幸伝説も残っている所です。
 源常林の銀杏 (げんじょうばやしのいちょう)は農業用の溜池付近にそびえたつ大きなイチョウの木ですが、樹高が19mで幹回りは6,7m、樹齢は300年以上といわれています。
 巨木とあって、「8百年ほど前、津軽十三の福島城主藤原秀栄の子が、病死した乳母の墓の目印に銀杏の枝を挿した。それが育って、この大イチョウになった」とか、「長慶天皇がこの地に潜んで浪岡源常と称した」という伝説が語られています。
 また、「戦国時代に、津軽為信の家臣がこの巨木を歌にし戦勝祝いの席で歌った」とされ、これが「津軽山歌」になったともいわれており、イチョウのそばには「津軽山唄発祥の地」の石碑も立っています。

  





 この伝説の大銀杏から少し離れた道路際に「金光上人」というバス停があります。高僧の名前がそのままバス停になっている分けです。
 金光上人については、
【鎌倉時代前期に、念仏-浄土宗を東奥に広めた僧で、法然と出会い、師と仰ぐようになった。正治2年(1200)頃、念仏布教の旅にでた。津軽にやってきた上人は、外ヶ浜のある川から「夜な夜な光物がでる」という話があり、旅先でそれを聞いた上人はその川に行き、川底から阿弥陀如来を発見した。これが蓬田村を流れる阿弥陀川の伝説である。
 その後、金光上人は、阿弥陀如来を背負い梵珠山に登り、布教の道場を開き、五本松(浪岡)に庵を結び布教を続けたと伝えられている。金光上人の死は建保5年(1217)のことで、遺言により北中野に墓がつくられた。※青森市HP「なみおか今・昔」より要約・抜粋】とされています。

 バス停の向かい側に小高い丘があって、そこに金光上人の塚(墳墓)があります。丘の上には東屋も設けられていて、とても見晴らしのよいところです。上人の墳墓の前には、真新しい菊の花が供えられていました。

  

  

  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR