のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  

鬼沢牛頭天皇社 - つがるみち455




 岩木山麓の鬼伝説が残る弘前市鬼沢。その伝説の象徴である鬼神社へ向かう途中の道路沿いに、小高い丘があり、そこに赤い鳥居が立っています。
 この道路を通るたびに気になりながらも素通りしていたのですが、今回は車を降りて立ち寄ってみました。
 石段を上ると鳥居があり、その扁額には「牛頭天皇」と書かれています。地図上でも、この社は牛頭天皇社となっていました。

 丘の上には小さな社殿がひとつあって、中には御神酒が供えられ、大切に祀られています。そして、社殿を囲むように、数多くの庚申塔や猿田彦碑が立っていますが、その大きさ、形、年代ともさまざまです。社殿の後ろ側はちょっとした崖になっていて、川が流れていました。

 地元の方のHP「フジタ林檎園」では、鬼沢に伝わる伝説や神社の由来などについて数多く紹介していますが、私もこのHPを見て、鬼沢めぐりをしたことがありました。

 この牛頭天皇社については、
【牛頭天皇は、閻魔大王の側近とされ知られています。周囲に2分する河川の地点に祀られています。その理由は、その昔、村人たちが河川から流れる水取りの争い事を避けるためとの云われがあります。・・・村人が河川から流れる「水取り」の争い事が起きないよう、閻魔大王の側近である牛頭天皇をここに配置し、監視するといった云われから、ここに現在も丁重に祀られています。】と紹介されています。


    


 牛頭天皇社から、少し歩いた所に猿田彦神社があります。
 この社もまた、川に沿った小高い丘の上にあり、たくさんの庚申塔がずらっと並んで立っています。その様子は牛頭天皇社とそっくりで、「兄弟社」といった感じです。
 ひとつの庚申塔には、「言わざる、聞かざる、見ざる」の三猿が描かれていました。

 この場所に多くの庚申塔や猿田彦碑が祀られていることについては、
【猿田彦神は、この地では、昔から河川の水を引く大神様として村人から信仰される云われからも祀られているようです。】とありました。

 伝説では、鬼沢の鬼は、「水不足で困っている村人のために、一夜にして堰を造り、水を引いてくれた。」とありますが、この地では、農業に欠かせない水の確保を願って、鬼人、牛頭天皇、猿田彦などを祀る風習が根づいていたようです。

 
    


   

※【】は、前述のHP「フジタ林檎園」からの抜粋です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 風薫る5月を迎え、辺りが少しずつ緑にそまってきました。今後も、ぼちぼちと史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR