のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 黒石市   Tags: 津軽三十三寺社巡り  

「法眼寺」ー津軽三十三寺社巡り26

 津軽各地の夏祭りも終盤を迎えていますが、私のまち黒石市でも、先日、「黒石よされ」
黒石よされ ※市広報ポスターより
が行われました。民謡「♪黒石よされ♪」「♪黒石甚句♪」「♪黒石じょんがら♪」「♪ドダレバチ(津軽甚句)♪」などに合わせて、廻り踊り、組踊り、流し踊りが行われるこの祭り期間は、年間を通して黒石が一番賑わうときです。特に3,000人もの踊り手達が市内を練り歩く流し踊り
流し踊り ※地元紙『津軽新報』記事より
は、阿波踊り(徳島県徳島市)、郡上踊り(岐阜県八幡町)と並んで「日本三大流し踊り」と称され、県内外からたくさんの観光客が訪れます。
 昔から行われていた「盆踊り」が今日のように盛んになったのは、藩政時代、黒石藩の家老であった境形右衛門という人が、城下町に人を集める対策として力をいれたからだといわれています。いつの時代にも「まちおこしの名人」はいるものですね。因みに「よされ」は「世去れ」で、「貧困や凶作の世は去れ!」という願いの表れだとか(他にも諸説様々)。。 ー 津軽三十三霊場26番札所法眼寺(ほうげんじ)は、そんな黒石市内にあるお寺です。

 法眼寺の山号は「宝厳山」。延宝8年(1680年)に南宗禅師により、温湯村(現在の温湯温泉)に開基され、その後、元禄4年(1691年)に現在の地に移されたお寺で、津軽一帯の黄檗宗(おうばくしゅう)の総本山でもあります。
 駐車場そばの山門
山門
は寛保元年(1741年)の建立とされる萱葺き。いかにも「古刹」を思わせる造りです。
 境内に入り、まず目に飛び込んでくるのは鐘楼堂
鐘楼堂
。高さ7.2m、奥行き4.5m、唐風造りのこの建物は、どの角度から見ても華麗な姿形をしています。見ることはできませんでしたが、この鐘には、棟方志功の手による「三尊仏」が描かれているということです。志功は自分と同じ「法眼」の号をもつこの寺の鐘をつくるとき、三尊の絵を贈ったのだとか。。
 本堂
本堂
は明和6年(1769年)の建立。堂々とした大きな建物です。平成17年には大雪のため、屋根が陥没したという被害は全国ニュースになりましたが、もちろん今は修復されています。中には大名駕籠?
大名駕籠?
が置かれていて、この寺がかつて、津軽黒石藩の祈願寺であったことを思わせます。
 本堂の正面右手には、赤銅色の大きな十一面観世音菩薩
十一面観世音菩薩
が安置されていました。

 この観音様は、元々、近くの神明宮に祀られていたもので、「黒石観音堂」として、多くの人々の信仰を集めていました。ところが、明治2年(1869年)に民家130軒余りを焼き尽くした大火事のため、観音堂もろとも焼失したとされています。新しく法眼寺内に観音堂が再建されたのは、明治後期から大正にかけてのことでした。
 再建当初、この観音様は鐘楼の下に祀られていました。しかし、信者達から「このままでは鐘をつくたびに観音様が足げにされているようだ。」という声が上がったため、現在のように本堂右側に遷されることになったといわれています。 ー 根強い観音信仰の「証」は、ここ黒石にもみられます。 

↓法眼寺 ※クリックで拡大します。
山門
鐘楼堂
不動堂
開山堂
本堂
名物「白藤」
十一面観音


                        ☆津軽三十三寺社巡り☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR