のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 黒石市   Tags: 津軽三十三寺社巡り  

「袋観音堂」ー津軽三十三寺社巡り27-2

 袋観音堂は三十三霊場の中でも、25番松倉観音堂9番見入山観音堂とともに「難所」のひとつに数えられています。私も気を引き締めて登ってみることにしました。
 参道の入口には、三十三霊場を示す石標
石標
が立っています。石標には、ご詠歌が刻まれ、かわいい「馬のミニチュア?」
「馬のミニチュア?」
が置かれていました。進んだ先には、手ぬぐいで頬被りをした馬の石像。
馬の石像
参拝用の杖が何本も立てかけられていて、「ここから本番だぞ。」と語りかけているようです。鳥居をくぐると、長い参道
長い参道
が延々と続いていました。参道の勾配はゆるやかで舗装もされていますが、何せ「先が見えない」ので、ここでも頼りは順番に立てられている三十三観音像です。
 ところどころ視界が開けている場所があり、下には温湯の町並み
温湯の町並み
が広がっていました。「もうだいぶ来たのかな?」と思いきや、そこから左回り
左回り
、そして右回り
右回り
。登りはまだまだ続きます。
 途中、顔が3つある観音像
馬頭観音?
を見つけました。馬頭観音像は、その多くが「三面」であり、他の観音像が柔和な顔をしているのに対して、「憤怒」の形相をしているといわれています。この観音像も「憤怒」とはいえないまでも、少し厳しい表情。これが馬頭観音かな。。⇒弘前求聞寺の馬頭観音像。
弘前求聞寺の馬頭観音像

 もう少し行くと、休憩所
休憩所
があります。しかし、縄が張られており、これ自体が祀られている感じだったので、畏れ多くて腰かけて休む気にはなれませんでした。がんばってもうひと登り。ようやく神社
神社
が見えました。汗びっしょり。。
※左の画像はクリックで拡大します。
白山姫神社①

白山姫神社②

白山姫神社③

白山姫神社④

白山姫神社⑤

白山姫神社⑥

白山姫神社⑦


 袋観音堂(白山姫神社)の境内は、「観音平」と呼ばれる富岡山の中腹にあります。朝方少し雨がふったせいでしょうか、木々の緑がとても鮮やかです。正面には拝殿。「白山姫神社」の文字は、とても特徴のある字体で描かれていました。辺りは物音ひとつしない静けさです。
 拝殿の後ろには本殿。横にはいくつかの末社が建てられており、それらを守るように、三十三観音石像が周りに立てられています。
 しかし、ここは何といっても「」に対する信仰が厚いところ。狛犬といっしょに、きれいに着飾った馬の石像や、拝殿のわきに掲げられている絵馬をみると、そのことがよく分かります。参道にあったものとは別の「馬」そのものが描かれた「馬頭観音像」
馬頭観音像
もありました。

 
 袋観音堂が、このように馬を神聖視しているのは、ここが「午年生まれの一代様」になっているからです。
 「一代様」とは、自分の生れた年の干支を守り神とした信仰のことで、初詣はもちろん、結婚、出産、受験、就職等の人生の節目において、自分の守り神にお参りする習慣を指します。この「守り神(本尊)」の信仰は日本各地にみられ、個人的にお参りする例は多くありますが、津軽の場合、「○○年生まれの人は○○神社・寺へ」という風に、地域全体で、お参りの寺社が定められているのです(絶対にそうしなければならないということではありませんが)。このような信仰は、ここ津軽地方(それも限られた地域のみ)独特のものであるといわれています。
 実は、津軽三十三霊場の中にも、この「津軽一代様」を兼ねている寺社があります。子年が清水観音堂(多賀神社) 、丑・寅年が求聞寺、そして午年がここ白山姫神社という分けです。図らずも、3つの「一代様」を巡ったことになりました。

                        ☆津軽三十三寺社巡り☆




関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR