のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 黒石市   Tags: つがるみち  名木めぐり  

名木と不動様その2「中野神社」ーつがるみち15

 「津軽三不動尊」のひとつであるここ中野神社には、南北朝期には既に不動堂があり、地域一帯はその名も「不動館村」と呼ばれていました。戦国時代には、浅瀬石城の支城である「不動館」が築かれていたそうですが、今はその遺構は残ってはいません。
 また、黒森山に「浄仙寺」を開山した修行僧・是空は、ここ中野不動の洞穴で修行中に霊感を得て、黒森山に入ったという話が残されています。
 ↓中野神社 ※クリックで拡大します。

拝殿

田村麻呂社

稲荷社・山神堂

天の岩戸・薬師堂

本殿

樹齢500年の杉の木

樹齢700年の杉の木

樹齢600年の杉の木


 拝殿
拝殿
と本殿の周りには、いくつかの末社とともに、天然記念物の大杉が3本生えているということなので、歩いてみました。 拝殿の前、(向かって)左側に一本目の大杉
一本目の大杉
があります。狛犬の後ろにドーンと立っているという感じで、真っ先に目に飛び込んできます。この大木は樹齢が約500年。

 
 拝殿の右隣りに石造りの鳥居があります。ここには、稲荷社と山神堂
稲荷社と山神堂
がありました。いくつかの神社を巡ってきましたが、この2つを併せて祀っているところも多いです。手水舎
手水舎
の後ろの小さな赤い橋を渡ると、坂上田村麻呂を祀った祠
田村麻呂社
があり、側には不動明王像が立てられています。この不動様の足下にカエルの石像が置かれているのですが、どういう由来なのか??

 
 二本目の大杉は、そこから少し坂道を登ったところにあります。けっこうきつい登りでした。辺りの杉の木の中でも、ひときわ大きく太い姿をしていました。この大木は樹齢700年
二本目の杉
といわれており、境内の中で一番の古木です。下には渓流も見え、紅葉真っ盛りの頃に、もう一度訪れてみたいところです。

 
 再び拝殿に引き返し、三本目の大杉を目指します。拝殿の左隣りには薬師堂と天の岩戸の祠
薬師堂と天の岩戸の祠
。薬師堂はともかく、「天の岩戸」のいわれは分かりません。
 このお堂のわきには石段が延びており、「観楓台」という場所に続いています。前述の「不動館」の城は、ここに在ったのだとか。目当ての大杉
三本目の大杉
は、その石段の途中にありました。樹齢が600年といわれるこの大杉、石段から眺めると首が疲れました。

 寺社巡りをしていると、各地域の様々な古木や名木に出会うことができ、ひとつの楽しみになっています。今回も身近にある名木を「発見」することができました。

                            ☆つがるみち☆
 
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR