のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 青森市   Tags: つがるみち  

「石神様」を訪ねて1ーつがるみち22

 入内観音堂から、さらに先の方へ5,6㎞。八甲田山系の山奥に「石神神社」という社があります。ここのご神体はひとつの「石(巨岩)」。あたかも「人面」を思わせるこの巨石は、地元の人々に畏れ敬われ、古くから信仰の対象となっていました。とても自然が造りだしたとは思えないような異様な姿形や、石自体が「強い磁気」を発しているとされたため、「宇宙からの隕石ではないか」とも言われ、以前は「超古代史ブーム」にのり、多くの書籍で取り上げられていました。今は、人々に精気を与える「パワースポット」として、いろいろなブログやHPでも紹介されています。
↓御鈴大滝まで ※クリックで拡大します。

林道①

林道②

林道③

御鈴大滝①

御鈴大滝②


 (石神神社までは)明治時代には集落内を通り、山地へ向かう林道が整備されたものの、当時は、神社に至る満足な登山道はなく、未開の地だったとされています。観音堂へお参りにきた地元の方に道順とその様子を聞いてみたところ、「入内の村を過ぎて林道を真っ直ぐ。車でも行けるが、じゃり道で狭く、すれ違うのも大変。崖があり、ガードレールもないので気をつけて。」というお話でした。私は、どうしようか迷いましたが、途中に「御鈴大滝」という美しい滝もあるということを聞いていたので、とにかくそこまでは行ってもみようと思い、車を進めました。

 話のとおり、集落を過ぎ、林道に入ると大変なでこぼこ道。2回ほど車とすれ違いましたが、道が細く、一苦労。「このままじゃだめだな。」と思った私は、少し広い場所に車を置き、歩くことにしました。

 林道の中は
林道
とても静かですが、鬱蒼とした感じではなく、景色を眺めながらゆっくり歩きました。途中に「二十六夜大神」
二十六夜大神
と書かれた鳥居が立っていましたが、寄らずに素通りしました。後で分かったことですが、ここ石神神社一帯には、巨石が多く、それぞれを「○○神」として祀っているようです。

 そこからしばらく歩いて行くと、右手に大きな鳥居
御鈴大神
が見えてきます。下の方からゴーゴーと水音が聞こえてきたので、ここが「御鈴の滝」だと分かりました。さっそく鳥居をくぐって下の方へ降りていくと、不動明王
不動明王
が立っています。そこから少し石段を降りると、木々の間から滝が見えてきました。高さ15mといわれるこの滝の姿はとても美しく、何人かの方々もネット上で「もっと有名になってもいいのに。。」と述べておられます。本当にその通りだと思います。
⇒御鈴大滝画像

 滝を見ながら少し休憩し、再び山道を歩きはじめると、地元の方の車が見えたので「石神神社までは、どのくらいですか?」と聞いたところ、相手の方は少しキョトンとしていましたが、「・・あー、神様か。あと少しだよ。」と教えてくれました。 ー 地元の方々にとっては、「神様」というだけで通じるようです。それだけ信仰が根づいているということでしょうか。
                       ー次回へ続きます。
                            ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR