のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 青森市   Tags: つがるみち  巨石と神石  

「石神様」を訪ねて2ーつがるみち23

 御鈴大滝から200m程でしょうか、木々の間に白い建物が見えてきました。ここが社務所
社務所
だと思われます。隣には、大きないくつかの鳥居が奥の方へ向かって立っており、ここが参道の入口
参道入口
になっています。
 参道の途中には、一対の逆さ龍
逆さ龍
の石像が置かれていて、ドキッとさせられます。そこからは急な石段が続いており、登って行くと、間もなく拝殿が見えてきました。小高い山の上といった感じで、下の方からは谷川のせせらぎの音が聞こえてきます。「石」そのものを祀っているので本殿はなく、この拝殿の後ろへ回り込んだところに、ご神体の「石神様」があります。
              石神神社と石神様 ※クリックで拡大します。↓

参道

石神神社①

石神神社②

石神様①

石神様②


 おそるおそる拝殿の後ろに進み、「石神様」
石神様
を目の当たりにしたときは、頭をガツンとやられたような衝撃をうけました。全身金縛り状態というか、体中が凍りついたというか・・大げさに言っている分けではなく。。その姿の異様さは、見る人に畏れを抱かせるに十分です。ぎょろっとした大きな「目玉」は、人間の心の奥底までを見透かしているような・・そんな感じです。とても自然の造形とは思えないこの異形の大石が、古くから「神様」として崇められてきたことが、実感できました。

 大きな2つの「目玉」は、それぞれ、伊邪那岐命が禊をして、左目から「天照大御神」、右目から「月読命」を生んだという神話になぞらえられています。右目の「月読命」
「月読命」
からは、以前は霊水が湧き出ていて、眼病や難病に効能があったのだとか。。左目の「天照大御神」
「天照大御神」
は、右目に比べると少し柔和で優しい感じがします。いずれにしても、正に神様が「彫り込んだ」としか思えないような不思議な造りです。

 伝承によると、「石神様」の発見者は、隣村の長内弥十郎という村人で、目を患っていた弥十郎は、ある日、駒田山の清水で目を洗うと眼病が治るという夢を見、翌日、駒田山に分け入り、この不思議な自然石を見つけたとされています。弥十郎はさっそく、窪みから湧き出ている清水で目を洗ったところ、夢のお告げの通り眼病が治ってしまったのだとか。。この話は、やがて広まり、その霊験が喧伝され、「石神様」として、多くの信仰を集めるに至ったということです。

 また、明治になると、神仏混淆禁止令により、「神社の形態が整っていない」という理由で、石神神社の信仰は禁止されました。しかし、秘かにここを訪れ、霊水を汲んでいく人々は絶えなかったため、ついに石を破壊しようと石工が派遣されましたが、手を触れた石職人が病気になったり、自然災害が頻繁に発生したりして、ついに「石神様」を壊すことができなかったという話も残されています。 ー いずれにしても、この「石神様」は、これからも人々から、畏怖され、崇められていくことでしょう。

                            ☆つがるみち☆ 
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR