のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 青森市   Tags: 津軽三十三寺社巡り  

「夢宅寺」ー津軽三十三寺社巡り23-1

 三十三霊場は津軽一円に点在し、弘前市から西海岸の深浦町へ、そこからは北上し、ぐるっと津軽半島を一周するかたちで、青森市の浅虫温泉まで続きます。⇒霊場マップ
霊場マップ

 浅虫にある23番札所「夢宅寺」は、巡礼のひとつの「区切り」ともいえるお寺で、ここに詣でた後に、再び弘前方面へと霊場巡りが続く分けです(私は、順番通り回っている分けではありませんが)。中には、ここから霊場の「総本山」ともいえる下北・「恐山」
恐山 ※トリップアドバイザー提供
まで足を延ばす方々もおられるようです。私は、浅虫の温泉街をゆっくり歩きながら、夢宅寺へと向かいました。
↓浅虫温泉と夢宅寺 ※クリックで拡大します。

湯ノ島

裸島

浅虫温泉街

夢宅寺①

夢宅寺②


 青森の市街地を抜け、4号線バイパスをしばらく進むと、左手には海、右手に浅虫温泉の町並みが見えてきます。海辺には、この景勝地を代表する2つの島があります。湯ノ島
湯ノ島
は、約600~700万年前の火山活動によって生まれた島で、正面には赤い鳥居と弁財天を祀る祠があります。明治30年頃、村民が赤茶けた島に黒松の苗木約2,000本を小船で運び、植樹したといわれています。
 一方の裸島
裸島
は、草木がほとんど生えていない高さ33mの奇岩で、海の上にドーンと佇立しているその姿は「浅虫のシンボル」とされています。少し赤味を帯びた黄褐色のこの島には、次のような伝説があります。
「昔、この辺りの村人の家に一羽の鷲が舞いおり、庭で遊んでいた幼児をさらって飛んで行った。びっくりした母親が懸命にあとを追って行くと、鷲は裸島の岩上に止まって羽を休めていた。我が子を奪い返そうとした母親は必死で岩肌に爪を立て、夢中で這い上った。そのため、生えていた草木はむしり取られ、母親の指から流れ出た血で、岩が赤く染まったのだという。 ~『青森の伝説』角川書店より~」 ー母親の愛情の深さを示すもの哀しい話です。

 さて、浅虫温泉は、古くから開けた青森県を代表する温泉街で、「東北の熱海」「青森の奥座敷」とも呼ばれています。黒石市の温湯温泉は「鶴」、大鰐温泉は「牛」など、温泉の発見譚には、鳥獣に関するものが多いのですが、ここ浅虫温泉は「鹿」によって発見されたといわれています。
 まちの由来によると、~ここがまだ漁村だった頃、この地にやってきた慈覚大師が、湯あみをしている一頭の傷ついた鹿を発見し、傷が癒えて走り去った跡を見ると、温泉が湧き出ていた。~ という話が伝えられています。慈覚大師によってそのことを知らされた村人は、その湧き湯で、刈り取った「麻」を蒸して繊維をとる作業をしたので「麻蒸し」と呼ばれ、それが「浅虫」という地名に変わっていったのだとか。。その後、1190年に円光大師(法然)が、ここを訪れた際、村人に入浴をすすめたのがきっかけで、以来人々に利用されるようになったとされています。

 駅前には「足湯」も設けられていて、地元の人々でしょうか、汽車を待っている人々でしょうか、ゆったりとくつろいでいました。この「足湯」はそれぞれの温泉地にありますが、いずれもなかなか趣があります。⇒温泉地の足湯
 浅虫は、そんな「温泉」の古い歴史を感じさせる老舗の旅館や、近代的なホテルが立ち並ぶまちです。温泉街から、山手の方に小道を進むと、目指す「夢宅寺」の山門が見えてきました。   ー次回へ続きます。

                        ☆津軽三十三寺社巡り☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR